関西のことならデリヘルウォッチ

サイトマップ

黒い服の女性

一般のイメージとは少し違うデリヘル嬢の一面

青い下着の女性

僕の友達は、一時期とてもデリヘルにはまっていました。
ほぼ毎日のように呼んでいたので、周りからも今日もデリヘル?と声をかけられるほどでした。
そんな色んなデリヘル譲と毎回戯れていた、彼からの話なのですが
デリヘル譲の仕事は基本本番がないのだそうです。
しかも、僕の友達もそうなのですが意外と話相手になってほしい人も多いようなのです。
人によるかもしれませんが、確かに急に始めてもらう…というのは抵抗ある人も多いと思います。僕は経験がないのですが、もし僕が呼んだとしてもいきなり、というのは正直急に気持ちも切り替えれませんので厳しいものがあります。
その友達は広島から来ている人で、まだ日も浅く僕の住んでいる大阪には友達があまりいないと言っていました。
誰か呼ぼうと思っても友達もいないし、いたとしても仕事が夜中に終わるので誰も呼べないのです。
そこで彼は性欲が溜まっているからというよりも、誰か話相手として会社で起こったストレスとか鬱憤を聞いてほしいだけなんだそうです。
そして、デリヘル譲の方もそれに慣れているのか割と話上手だそうで、色々話を聞いてもらえるし相槌だけではなくちゃんと会話をしてくれるのでそういった部分が魅力なんだそうです。
デリヘルといえば正直、マイナスなイメージばかりかもしれませんが意外と奥が深い職業なのかもしれません。

Post List

TOPへ